烏帽子岳・野口五郎岳 ブナ立尾根〜竹村新道2泊3日周回コース(1日目)

トップページに戻る 登山紀行に戻る 2014年山登りに戻る



【烏帽子岳】 えぼしだけ 2628m 【前烏帽子岳】 まええぼしだけ 2605m
【三ッ岳】 みつだけ 2844.6m 【野口五郎岳】 のぐちごろうだけ 2924.3m
【南真砂岳】 みなみまさごだけ 2713m 【湯俣岳】 ゆまただけ 2378.7m

登山日 2014年9月13日(土)〜9月15日(月 ※祝日)
山域 北アルプス【日本二百名山 − 烏帽子岳  , 日本三百名山 − 野口五郎岳】
コースタイム 【1日目】8時間52分 (休憩とテント設営等、約1時間41分含む ※歩行タイムは7時間11分)
【2日目】8時間55分 (休憩とテント設営等、約1時間52分含む ※歩行タイムは7時間3分)
【3日目】3時間52分 (休憩等、約22分含む ※歩行タイムは3時間30分)
コース 【1日目】
七倉山荘(3:50)〜高瀬ダム(4:59)〜濁沢・不動沢キャンプ指定地(5:11-5:22 休憩11分)〜濁滝(5:39)〜ブナ立尾根登山口-12/12地点(5:48)〜権太落シ-9/12地点(6:39)〜中休み-6/12地点(7:32)〜三角点-4/12地点(8:15-8:23 休憩8分)〜1/12地点(9:16-9:24 休憩8分)〜烏帽子小屋-0/12地点(9:41)〜烏帽子小屋テント場(9:45-10:24 テント設営39分)〜前烏帽子岳(10:54)〜烏帽子岳(11:23-11:50 休憩27分)〜前烏帽子岳(12:22-12:30 休憩8分)〜烏帽子小屋テント場(12:42 テント泊)
【2日目】
烏帽子小屋テント場(5:42)〜三ッ岳(6:45)〜野口五郎小屋(7:59-8:10 休憩11分)〜野口五郎岳(8:24-8:36 休憩12分)〜真砂岳分岐(9:02)〜南真砂岳(9:46-10:06 食事休憩20分)〜湯俣岳(11:12)〜木かげ処(11:51)〜展望台(12:31-12:37 休憩6分)〜湯俣温泉晴嵐荘(12:56-13:43 テント設営47分)〜噴湯丘(14:02-14:18 入浴16分)〜湯俣温泉晴嵐荘(14:37 テント泊)
【3日目】
湯俣温泉晴嵐荘(6:13)〜名無避難小屋(7:03)〜林道終点(7:23)〜高瀬ダム(8:20-8:34 休憩14分)〜[途中休憩8分]〜七倉山荘(10:05)
天候 【1日目】晴れ時々曇り(稜線は時折ガスが掛かるも良いお天気だった)
【2日目】晴れ(風も殆ど無く全般的に良いお天気だった)
【3日目】曇り時々晴れ(雲は多いものの雨が降る気配も無く問題無し)
駐車場 ★七倉駐車場(無料 50台程) ・ トイレ有り。
※9月の3連休である初日の深夜1時半頃に着きましたが、かなり埋まっていました。
※下山してきたら縦列駐車が伸びており、かなりの混雑ぶりが伺えました。
日帰り温泉 七倉温泉 七倉山荘  
備考 ★トイレは駐車場と高瀬ダム付近と各山小屋に有料トイレがあります。
※チップ制・有料トイレの為に小銭の準備をしておきましょう〜。
★登山ポストは七倉山荘前の登山補導所に設置されています。
★七倉山荘〜高瀬ダム間はタクシーを利用する事が出来ます。(2014年9月の時間は6:30〜19:00)
※詳細はアルプス第一交通と信州アルピコタクシーさんへ(4人まで乗合可 2100円程)
※ちなみに今回は行も帰りもタクシーは使用せず歩きました。
★ブナ立尾根は「北アルプス三大急登・日本三大急登」と呼ばれています。
★コース上に迷う箇所はありませんが、烏帽子岳直下の岩場・鎖場は慎重に通過すべき箇所であるのと、真砂岳分岐〜南真砂岳間の崩壊地は滑落・落石に注意です。
★烏帽子小屋のテント場は幕営20張り程(500円/人)、水場無し、小屋前の外にトイレあり。
※水(雨水)は小屋で買う事が出来ます。
※テント場は烏帽子小屋から少し離れており、ひょうたん池手前まで数張りずつ張れます。
※3連休の初日なのでほぼ埋まっていました。(あと数張りぐらいは設営出来たと思います)
★晴嵐荘のテント場は幕営20張り程(500円/人)、水場あり、小屋の中にトイレあり(夜間も使用可)。
※500円で晴嵐荘の内湯に入れます。
※3連休の中日でしたがテント場はまだ空きがありました。
◆記載した内容は登山日によるものです。(※あくまでも個人山行の記録です)




行程地図

【行程イメージ図 七倉山荘からの周回コース】


断片図

【断面イメージ図 2泊3日のテント泊の全コース】


断片図

【断面イメージ図 七倉〜烏帽子岳〜烏帽子小屋 1日目のコース】




当サイトは「山旅倶楽部」の地図をベースに作成しています。
2014年1月より山旅倶楽部の地図を2次利用する場合は国土地理院への申請が不要となりました。



山行のつぶやき

8月末に裏銀座縦走を計画したが天候不良により断念…。9月の3連休は槍ヶ岳に行こうと考えていたが、悔しく なって急遽予定を変更し『烏帽子・野口五郎岳縦走』へと再チャレンジする事にした。今夏の天候不良はかつてないほどに酷く、週末の度に 大荒れの予報が続いたため秋山に期待である。深夜登山口となる七倉山荘に到着するとすでに駐車場はほぼ満車状態で、それほどメジャー では無いルートとはいえ、さすが秋の連休かと言ったところである。少し仮眠をしたあとヘッドランプを装着し暗闇のなか出発…いつもながらの 早朝出勤…早起きは三文の得…景色を見るなら午前中に稜線に出る事!!が筆者の中の鉄則なのである。(この時期、昼からは雷が 怖いので余計に早い行動を取るように心がけている。本音はワクワクして寝付けないだけという噂も。。。)スタートから高瀬ダムまでは道路歩き となるので1時間強の丁度いい足慣らしとなる。高瀬ダムをすぎ不動沢吊橋を渡ると濁沢キャンプ指定地となり、ようやく夜が明けて来た。 本格的な登山道に入る前に少し寄り道し『濁滝』に立ち寄るが、なかなか豪快な直爆で迫力がある。秋は紅葉が綺麗な場所らしいのでまた 時期を変えて見に来てもいいかなと思わせてくれる滝を後にし、いよいよ本格的な登山開始となる。ここまで出発から約2時間、なかなか長い ウォーミングアップであったが、ここからが本番の北アルプス3大急登『ブナ立尾根』の始まりとなる。登り始めから鉄パイプで組まれた急な危うい階段 が現れ、なかなかの急登ぶりを発揮してくれるが「急登=距離が短い」という方程式があてはまり、早く標高を稼げるため筆者としては嫌い ではないのである。天気は快晴で申し分なく花を撮影しながら登って行き三角点で小休止をとる。三角点を過ぎると右側の斜面が開け始め 針ノ木岳方面や南沢岳の稜線が目に入ってくる。船窪〜南沢への稜線歩きは次回の宿題として左に目をやるとこちらは本命、本日の目的地 『烏帽子岳』の雄姿が現れテンションがあがる。気合を入れ直し一踏ん張りで烏帽子小屋へと到着すると、小屋前には明らかに時期が遅いと思われる イワギキョウの群生が出迎えてくれて、正面には水晶から赤牛岳方面の大パノラマが広がっている。この景色があるから山はやめられない!!。小屋で 受付を済ませテントを設営後、軽い荷物で烏帽子岳へと散策に出かける。前烏帽子岳から見る烏帽子岳は独特の風貌で格好良く、今回はこれを 見るためにこのコースを選択したようなものであるといっても過言ではない。この頃から雲が湧きだしてきたので山頂へと急ぐが、山頂の一角に ある岩のテラスは昼寝が出来るようなスペースで気持ちよく本当に昼寝したくなるような心地よさであった。ただ、残念ながら雲が湧きだし時間と 共に展望がきかなくなってきてしまったため、楽しみにしていたもう一つの目的『四十八池』探索は諦めて前烏帽子岳へと戻る事にした。前烏帽子 でガスが抜けるのをしばらく待ってみたが無理そうなので、ここで諦めテントへ帰還となった。烏帽子小屋に立ち寄りお待ちかねのビールで乾杯を したが、疲れた体に大パノラマを眺めながらの一杯は格別で、このために登って来たのかなと錯覚に陥ってしまうところである。。。昼からはテントで 昼寝をしてのんびりと過ごし、夕食に用意していただいた『トルティーヤ』を美味しく頂き初日が終了となった。トルティーヤ自体は実は何の事か知らず初めて 食したのであるがなかなか美味しく手軽で今度是非真似してみようと思えるものであった。

写真をクリックで拡大します

【七倉駐車場】
夜が明ける前に既に満車

写真をクリックで拡大します

【準備をして4時前に出発】
まずは長〜い道路歩き・・・

写真をクリックで拡大します

【高瀬ダムまでにトンネルが4か所ある】
まだタクシーは運行していない時間帯



写真をクリックで拡大します

【高瀬ダムの下部地点まで来た】
ここから大きくジグザグ登り上部へ

写真をクリックで拡大します

【不動沢吊橋を渡る】
不動沢トンネルを越えると吊橋がある

写真をクリックで拡大します

【不動沢・濁沢キャンプ指定地】
ここの管理人は高瀬館と烏帽子小屋



写真をクリックで拡大します

【振返り見る高瀬ダム湖】
今日も撮影メインでのんびり登ろう

写真をクリックで拡大します

【濁沢に架けかれた橋を渡る】
登山口はすぐだがちょっと寄り道しよう

写真をクリックで拡大します

【寄り道の目的は濁滝】
この辺りの紅葉は見事だそうだ



写真をクリックで拡大します

【中々立派な濁滝】

写真をクリックで拡大します

【登山口横にある水場】
本日の水量はたっぷりある

写真をクリックで拡大します

【ブナ立尾根登山口】
烏帽子小屋まで12/12の地点



写真をクリックで拡大します

【早速、花達がお出迎え♪】

写真をクリックで拡大します

【タイリンヤマハッカ】

写真をクリックで拡大します

【テンニンソウ】



写真をクリックで拡大します

【オオカニコウモリ】
むむっ 全然ピントが合わない・・・

写真をクリックで拡大します

【鉄パイプの階段箇所】
1人ずづ登るよう注意書きがある

写真をクリックで拡大します

【ゴマナかな〜】



写真をクリックで拡大します

【サラシナショウマ】
毛虫の親分みたいなモコモコさ

写真をクリックで拡大します

【権太落シ】
ブナ立尾根の9/12までやってきた

写真をクリックで拡大します

【アキノキリンソウ】
秋だなぁと感じる名前の花



写真をクリックで拡大します

【急登と呼ばれるブナ立尾根】

写真をクリックで拡大します

【ゴゼンタチバナの実】
実りの秋を感じ癒される

写真をクリックで拡大します

【急登が続き標高を稼いで行く】



写真をクリックで拡大します

【どら焼きみたいなキノコ】
ふっくらして美味しそう(食用かは不明)

写真をクリックで拡大します

【6/12地点の中休みを通過】
木の隙間から少しだけ展望もある

写真をクリックで拡大します

【ヤマハハコ】
小さい花を沢山咲かせて可愛い



写真をクリックで拡大します

【オヤマボクチ】
花も大きくちょとグロテスクな風貌

写真をクリックで拡大します

【まるっこいキノコ発見】
この時期キノコが良く目につく

写真をクリックで拡大します

【三角点で小休憩】
木が生い茂り展望は望めない



写真をクリックで拡大します

【タヌキ岩 どの角度から見れば・・・】

写真をクリックで拡大します

【南沢岳と南沢乗越】
南沢岳は次回の宿題としよう

写真をクリックで拡大します

【不動岳・針ノ木岳・蓮華岳】
ちょっと紅葉が始まっていていい感じ



写真をクリックで拡大します

【今回の撮影目的の烏帽子岳】
いいお天気なので撮影が楽しみだ♪

写真をクリックで拡大します

【ベニバナイチゴの実】
食べられるがあまり美味しくないらしい

写真をクリックで拡大します

【1/12地点からの三ッ岳】
ここで景色を見ながら小休憩



写真をクリックで拡大します

【枝を広げた立派な木】

写真をクリックで拡大します

【ノコンギク】

写真をクリックで拡大します

【烏帽子小屋まで後少し】



写真をクリックで拡大します

【オヤマリンドウ】

写真をクリックで拡大します

【烏帽子小屋(12/12地点)に到着!】
受付を済ませ少し先のテント場へ

写真をクリックで拡大します

【烏帽子小屋のテント場】
まだ10時前なので1張りしかない



写真をクリックで拡大します

【テント設営後、烏帽子岳を目指す】
空身になって足取りは軽い♪

写真をクリックで拡大します

【烏帽子小屋からの展望】
イワギキョウと赤牛岳

写真をクリックで拡大します

【赤牛岳のアップ】
来年こそは赤牛に行きたいなぁ



写真をクリックで拡大します

【イワギキョウ】

写真をクリックで拡大します

【ウサギギク】

写真をクリックで拡大します

【ミヤマアキノキリンソウ】



写真をクリックで拡大します

【ミヤマリンドウ】

写真をクリックで拡大します

【ムカゴトラノオ】

写真をクリックで拡大します

【絶景の稜線歩きを楽しみ中】



写真をクリックで拡大します

【前烏帽子岳(手前)まで後少し】

写真をクリックで拡大します

【色づいたウラシマツツジ】

写真をクリックで拡大します

【朝歩いた高瀬ダム】



写真をクリックで拡大します

【前烏帽子岳からの烏帽子岳】
ここからの烏帽子が特にカッコイイ

写真をクリックで拡大します

【薬師岳と北薬師岳】

写真をクリックで拡大します

【コマクサ】
まだ花が残っているとは驚き



写真をクリックで拡大します

【烏帽子の頂上はあの上だ】

写真をクリックで拡大します

【核心部の岩場を登る】

写真をクリックで拡大します

【横歩きの鎖場箇所】
最新の注意を払いながら通過中



写真をクリックで拡大します

【烏帽子岳の頂上に到着】
頂上は展望は良いが狭い

写真をクリックで拡大します

【南沢岳方面】
ガスは抜けたり掛かったり・・・

写真をクリックで拡大します

【四十八池】
撮り残した花達を探しながら戻ろう



写真をクリックで拡大します

【オオレイジソウ】

写真をクリックで拡大します

【クロトウヒレン】

写真をクリックで拡大します

【タカネナナカマドの実】



写真をクリックで拡大します

【イワウメ】

写真をクリックで拡大します

【コケモモの実】

写真をクリックで拡大します

【ウラジロナナカマドの実】



写真をクリックで拡大します

【烏帽子小屋に戻りビールで乾杯!】
まったりとした時を過ごす♪

写真をクリックで拡大します

【チングルマの果穂】
小屋〜テント場にも高山植物が多い

写真をクリックで拡大します

【タカネヤハズハハコ】



写真をクリックで拡大します

【ヤマハハコの蕾】
地味だけど近くで見ると美しい

写真をクリックで拡大します

【三ッ岳へと続く稜線】
明日はあの稜線を歩く

写真をクリックで拡大します

【ミヤマママコナ】
テント場付近にひっそり咲いていた



写真をクリックで拡大します

【ひょうたん池に映る三ッ岳方面】
テント場は池の畔にも張る事が出来る

写真をクリックで拡大します

【イワオトギリ】
花はそこそこ撮影出来て満足♪

写真をクリックで拡大します

【夕食のポトフを作成】
山で野菜たっぷりは贅沢



写真をクリックで拡大します

【トルティーヤその1】
Aさんの提案のトルティーヤも美味い

写真をクリックで拡大します

【トルティーヤその2】
キーマカレーバージョン

写真をクリックで拡大します

【4種類ほど具材を巻き頂いた】
食後は明日に備えて早めの就寝




2・3日目 野口五郎岳・湯俣温泉へ



トップに戻る  トップページに戻る